刑事手続の対象とされてしまった場合に,どのように対処すべきなのか,どのような点に注意すべきなのか,一般の方には分かりにくいことです。

 

弁護士に依頼しなくても,国選弁護人が一定の場合選任されますが,以下のような問題があります

  選任時期 国選弁護人が選任されるのは,逮捕されて数日経過している可能

       性の高い時点です。

       刑事事件はスピードが大事です。

       選任時点で既に不当に不利な証拠が作られていたりすれば,対応

       が極めて困難となります。

       また,逮捕・勾留されていない場合,起訴されるまでは,弁護人

       が選任されることはありません。

 

  選  択 国選弁護人は名簿にしたがって選任されますので,弁護人を選ぶ

       ことができません。

       刑事弁護を得意としない弁護士が選任される可能性もあります。

 

  人  数 国選弁護人は原則1名しか選ばれません。

       当事務所にご依頼頂ければ,2名の弁護士が共同で対応できます。

 

■当事務所の特徴・方針

 ◇ 刑事弁護事件を多数担当し,実績を残している事務所です。

    ※事務所開設後の刑事事件担当件数50件(平成23年7月現在)

    ※困難事例*での執行猶予*の獲得

    ※起訴前段階での否認事件での実績 

 ◇ 面会を多数行うことで,

   信頼関係の構築,事実関係の把握に努めます。

 ◇ 刑事弁護は迅速な対応が必要ですので,

   休日・夜間も電話応対いたします。

   電話に出られなかった場合,留守番電話に吹き込んでください。

   できるだけ速やかに折り返しのご連絡をいたします。

 ◇ 弁護士2名体制により,迅速な対応が可能です。

 ◇ 保釈に積極的に取り組んでいます。

 

■刑事弁護の費用

 ・相談のみ 30分5000円

  (平日の通常開所時間の場合。夜間・休日等は料金が変わります。)

 ・面会のみ 1回1万5000円(平日の場合。)

        

 ・事実関係に大きな争いのない事件の場合

   被疑者段階弁護 着手金 15万円~40万円

              報酬金 15万円~40万円

   被告人段階弁護 着手金 20万円~40万円

              報酬金 20万円~50万円

 ・事実関係に大きな争いのある事件の場合

 

   被疑者段階弁護 着手金 30万円~

              報酬金 30万円~

 

   被告人段階弁護 着手金 40万円~

              報酬金 40万円~

 

 ※ 被疑者・被告人段階を一括してお受けする場合,上記合計額から一定の減額

   をいたします。

 ※ 遠隔地の警察署・裁判所等に行く必要がある場合等,交通費・日当が別途

   必要になることがあります。

 ※ 上記金額はいずれも税抜きです。

 *「困難事例」とは,同種前科がある事案や,一部否認している事案等です。

 *「執行猶予」とは,有罪ではあるが,刑務所には行かなくても良いという

  制度です。

​刑事弁護

アクセス

〒396-0026

長野県伊那市西町5014番地1

<県道146号(旧道)沿い

い~なちゃんバス「下春日町」バス停前>

電話番号:0265-71-5131